心の健康も睡眠が大切。タッチハートキャンペーンにて。

12月28日は、イオンモール高岡にて「タッチハートキャンペーン」が開催されました。



タッチハートキャンペーンは、自殺予防やひきこもり、心の健康についての対策に取り組む民間団体の支援・周知を目的としたイベントです。



今回は、心の健康ということで睡眠をテーマに「ねむり家」 大郷卓也さんとステージトークをしてきました。

質の悪い睡眠が心にも影響していくということで、睡眠環境を整えることや身体としてどうやって良い睡眠をするかということを話してきました。


身体の冷えからくる「夜中に何度も目が覚める」こと

ゲームやパソコン、スマホなどを見て夜更かしをすることなど


現代人の睡眠の崩れは深くなっています。


良い睡眠ができていないことが、身体が休まれないことが集中力や思考力の低下を起こすきっかけとなっており、身体だけでなく心にも影響してきています。


ステージトークは、2回行われて、睡眠の大切さを伝えてきました。




また、メンタルヘルスの民間団体



とやまcocolo会

心の広場とやま

富山ダルク

日本ピア・カウンセラー協会

ひとのま

りばてぃーOne

グループ女綱~ストップDVとやま

社会的ひきこもり家族自助会とやま大地の会/つくしの会



ブースや活動内容の紹介がありました。


団体の皆さんとお話しをすることができ、心の健康の大切さを感じることができました。



ある団体様は、座学がメインの講座が中心で動くということがないと言われていました。



本当にその通りで、ストレス社会で運動不足、頭だけでフル回転の時代で、身体全体としては全く見られていません。


頭がフル回転していることが脳に負担を大きくし、脳が疲れ、集中力や思考力、記憶力などが低下してしまうのです。


そこに、睡眠不足って、たまったもんじゃありません。


頭だけでフル回転の時代をなんとかしないといけないと思います。


でないと本当の改善はないのかもしれません。




心の健康に関するイベントは、もっと広がってほしいと感じますので


これからもドンドン開催してほしいと思います。



次にイベントをするときも、ぜひ呼んで頂けたらと思っています。




イベントに参加された皆さん、


ありがとうございました。