【ぐっすりと睡眠をする!】 紀伊國屋書店での講演会

12月14日(日)は、紀伊國屋書店富山店にて「ぐっすり眠る講演会」をしていきました。


富山の寝具店ねむり家 の大郷卓也さんと、睡眠の大切と良く眠れる方法をお話ししてきました。


睡眠をしても、疲れが取れないという人が多く、話を聞いてみると腰痛や肩こり、いびき、眠れないという声がたくさんありました。


しっかり眠って疲れをとらないといけないはずが、逆に身体の不都合を起こしてしまっている状況です。


大郷卓也さんは、この状態の原因の1つを寝返りができていないことを言われています。


寝返りができなければ、血行不良が起こるとお話しをされ、参加者の方々に「寝返り体操」を指導されました。




私からは、硬くなった身体が寝返りができず、身体の冷えを作るということをお話しをし、睡眠前にしたい腹式呼吸と股関節と腰を整える体操を指導しました。


普段の生活習慣で身体を動かすことが少なく、またトレーニングをしていても身体を縮めることを中心に運動をしますので、身体は硬くなっていきます。


この硬さが筋肉や骨が上手く動かすことができず寝返りができない身体になります。


また、硬い身体は血行不良を起こしやすく冷えになりやすくなります。


このことが原因で疲れがとれないということがあるので、身体を緩める方法をしました。

睡眠するにもしっかりと寝れるようになる方法ってあるのです。


一流スポーツ選手も睡眠を大切にするというくらいですからね。


やっぱり疲れを残さない睡眠って大事なのです。




身体を休めるということも健康増進や身体を整えることの1つです。


全ては繋がっているので身体全体を考えて睡眠するということをしていきたいですね。