走るときの腕振りは?

 

速く走るためには、腕振り」が大事ですが

 

腕を速く振ることで速く走れるといいます。

 

 

間違っていないと思いますが、

 

腕だけを速く動かそうとすると逆に遅くなることもあります。

 

 

それは、力が入ってしまっている状態でもありますが

 

腕を意識しすぎて全身運動になっていないのです。

 

 

足が遅い子に、腕を速く振らせても速くならないということは

 

よくみかけることです。

 

 

 

まず、腕を振るときに全身運動にするには

 

姿勢をよくすることです。

 

骨盤を立てて股関節が動きやすい場所にして

 

地面からの力を伝えれるようにする必要があります。

 

 

姿勢の要素は大きいですので

 

腕ばかりでなく全体を見てあげて下さいね(^O^)